L字金具

鹿児島のライフオーガナイザー常田紘子です。


私が家中の見直しをはじめようと決心したのが、2014年2月でした。
ちょうど片づけの資格を取りはじめた頃。


私は、
自分が小学生のときにもらった手紙や年賀状、紙物以外にも沢山の物を所有していた人のひとりでした。


私の場合、捨てられなかった。
今は要らないとわかっていても、
捨てられなかった。


捨てられなかった…というより、
捨ててはいけないと思っていた…。



そんな沢山の物を所有していた私でしたので、収納場所がとにかく必要でした。




そこで、板とL字金具を使って、あちこちに棚を作っていました。




本気で片づけをしようと思うと、
沢山の物と向き合います。
そうすると、本当に必要なものが見えてきます。



L字金具がたくさんたくさん余りました。

d0334708_05045815.jpg


L字金具。

この写真はかれこれ2年前。



物と向き合う。
難しいですよね。



片づけという方法で、
向き合えば向き合うほど、片づけの先が見えてきます。

向き合う…
どういう意味???
て感じですよね。


2年前、片づけの資格を取り始めたばかりの私は、今ほどたくさんの気づきはありませんでした。
ただ言えるのは、
とにかく行動に移していたということ。


行動をした人には見えてきます!


(「何が見えるの?」と言われそうですね)




どこで気づきがあるかは人それぞれです。
L字金具から脱線しそうなのでこの辺で!

片付けは、
焦らず…焦らずです。
d0334708_05170225.jpg


急がば回れ。




********************
日本ライフオーガナイザー協会の基本概念(哲学者 ニーチェの言葉)

this is my way. (これは私のやり方です)
What is your way? (あなたのやり方はどんなやり方なの?)
The way does not exist.(絶対的な正しいやり方なんて存在しないよ)
********************















[PR]
by poporasu | 2016-07-05 00:52 | 物との付き合い方 | Comments(0)

ライフオーガナイズの事・日々の事を綴っています。


by 常田 紘子